【創業23年】経営者・事業者の知財駆け込み寺

百戦錬磨の鉄人弁理士特許商標のお悩みを解決!
新宿御苑前知的財産相談室


【年中無休・夜間対応】東京綜合知的財産事務所運営
【闘う知財の喧嘩屋】知財相談2750件超/侵害警告対応700件超の実績‼
★難しい出願手続/侵害警告/訴訟を数多く取り扱っています


適格請求書発行事業者登録番号 T6810933564510

知的財産の問題を解決するなら

03-3354-2041

東京綜合知的財産事務所まで
電話受付:平日9:00~18:00
お問合せフォームは随時返信

商標早期審査に関する質問の回答

商標の同一性について

「出願商標」と「使用している商標」が相違する場合でも早期審査対象として認められますか?

出願商標と使用商標(使用準備商標)は、原則として同一であるものに限ります。

ただし、外観上厳密には一致しない場合であっても、その差異の程度がわずかであれば、同一と判断されます。

同一と認められる具体例

  • 「ゴシック体」と「明朝体」の相違
  • 「縦書き」と「横書き」の相違
  • 「黒文字」と「赤色文字」の相違
  • 「大文字」と「小文字」の相違
  • 「二段書き」と「一段書き」の相違

同一とは認められない具体例

  • 「ローマ字」と「カタカナ」の相違
  • 「ひらがな」と「カタカナ」の相違
  • 「漢字の正字」と「略字」の相違
  • 「ひらがな(カタカナ)」と「漢字」の相違
  • 「図形+文字」と「図形のみ」の相違
  • 「複数段の商標」と「いずれかひとつの一段書き」の相違
  • 「普通の書体」と「著しくデザイン化された文字」の相違

「同一と認められる場合」と「同一とは認められない場合」の比較表

不使用取消審判における「社会通念上同一と認められる商標」の取り扱いとは必ずしも一致するものではない点に注意!

特許庁HPより抜粋

「出願商標」が標準文字であり、「使用の証明ができる商標」がデザイン性のある文字の場合、同一の態様であると認められますか?

デザインの内容や程度により特許庁の認定が異なります。

例えば、上記例において、「普通の書体」と「著しくデザイン化された文字」の相違は、同一のものとは認められません。

一方、「ゴシック体「と「明朝体」の例に準じる程度のデザインの変更と判断されれば、同一のものと認められます。

一覧へ戻る

弁理士相談に関するお問合せは、
以下のフォームから受け付けていますので、ご利用ください。

お気軽にご来所ください

  • 弁理士相談について
  • 業務依頼について
  • 講演依頼について
  • 出張依頼について

お問合せには、
24時間以内の迅速回答!

お電話でのお問合せはこちら

新宿御苑前知的財産相談室
電話受付時間:月〜金 9:00~18:00
東京綜合知的財産事務所までお問合せください。