生産技術・産業機械装置・ビジネスモデル特許専門の知財プロ集団「東京綜合知的財産事務所」が、アイデアと技術で勝負する会社を強力に支援致します!

知財で事業を強くする 東京綜合知的財産事務所

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-1 アルテビル新宿3F
アクセス:JR「新宿駅」から徒歩8分、地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前駅」から徒歩3分

原則、年中無休で頑張っています!
電話受付時間:月〜金 9:00~18:00
定休日:不定休

まずはお気軽にご相談ください

03-3354-2041

FAX:03-3354-2042

実用新案登録出願

実用新案登録出願は、特許出願と同様に、アイデア(技術的思想)に対して権利を取得するための手続きです。

例えば、複雑な機械装置から簡易な日用品まで、幅広い技術を対象にしています。


それでは、特許出願(特許権)とどこが異なるのでしょうか?

当然ながら、このような疑問が出てきますよね。

一番大きな違いは、無審査で登録される点ということです。

ウソではありません。

実用新案では、出願すると、方式要件のチェックが入り、方式要件を具備していると、登録性(新規性や進歩性など)の有無を審査せずに、登録になります。

出願から登録までは、通常で2ヶ月程度です。

これに対して、特許出願の場合は、順調にいっても、審査請求手続してから3年程度かかって特許(権利化)されますので、実用新案では、権利化されるまでの期間がかなり短いことになります。

それだったら、何も特許ではなく、実用新案でいこうということになりますね。


しかし、実用新案は、無審査で登録されるが故に、権利化後において権利者側にいろいろな制約があります。

例えば、実用新案権を取得した後に、誰かが、実用新案権を侵害しているとします。

この場合には、実用新案権者は、特許庁に対して技術評価書を請求し、この技術評価書を提示した上で相手側に警告する必要があります。

また、警告後に、自分の実用新案登録が無効審判などにより無効にされた場合には、逆に、相手側に対して損害賠償をしなければならない羽目に合います。


つまり、実用新案権は、無審査で容易に登録できる反面、権利行使のハードルが高いのです。

これは、ある意味、権利として非常に使い難いというか、不便なものになります。

下手に、相手側を権利侵害としてけんかを仕掛けても、登録された権利がそもそも無効なものであれば、こちらが、相手側に対してお金を払わなければならないのですから。。。。


上記の点が一番大きな相違点になります。

細かい相違点は、他にもありますが、権利者側に不利益をもたらすことになるので注意が必要です。

以下、メリットとデメリットを簡単に整理しておきます。

実用新案権のメリット
  1. 無審査なので、早期かつ容易に権利化できる(出願から2ヶ月で登録)
  2. 審査請求手続が不要になり、拒絶理由通知に対応することもないので、コストが安くなる(特許よりも40万円前後安くなります)
実用新案権のデメリット
  1. 登録後の権利侵害事件では、自己の実用新案権の有効性が確認できなければ、逆に、相手に対して損害賠償する羽目になる
  2. 権利存続期間が短い(出願日から10年で終了(特許は、出願日から20年))

主なメリット・デメリットは、上記の通りですが、それでは、どのような人が実用新案を選択するべきなのでしょうか?

典型的なモデルケースとしては、早期に実施したい技術であり、かつ、そのライフサイクルが短い技術です。


早期に実施すると、それが市場に出るわけですから、模倣する人もいるかもしれません。

そのときは、一応、権利化しておけば、自己の権利の有効性に注意しながらも、権利侵害として訴追可能です。

また、ライフサイクルが短い技術であれば、長期間の権利は不要になりますので、実用新案権の短い存続期間で足りるわけです。

他にもケースバイケースで、判断する必要があります。

不明な点は、弊所まで、ご連絡ください。

 

知財の鉄人・弁理士 西村知浩 

お問合せはこちら

弁理士相談に関するお問合せは、
以下のフォームやメールアドレスから受け付けていますので、ご利用ください。

お気軽にご相談ください

  • 弁理士相談について
  • 業務依頼について
  • 講演依頼について
  • 出張依頼について

など、様々なお問合せについては、
24時間以内にご返答致します!

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:月〜金 9:00~18:00 (定休日:不定休)

FAX:03-3354-2042
(年中無休・24時間受け付けています)

お問合せはこちら

03-3354-2041

電話受付時間:
月〜金 9:00~18:00
(定休日:不定休)

お問合せフォームはこちら

知財の鉄人からの一言

弁理士の西村知浩です。日々、中小企業・個人発明家様の知財戦略を支援しております!知財戦略は、単に権利を取得することが目的ではありません。

知財によって事業をうまくコントロールする。
そのためにはどのような内容の権利を、どのような形で取得していけばよいのか、
弊所では、知財の使い方を徹底して考え抜き、事業の強力な武器となり得る知財を追求しています!

代表者プロフィール

事務所紹介

クリックで地図が拡大します

最適なビジネスモデルを追求する
東京綜合知的財産事務所

03-3354-2041

03-3354-2042

〒160-0022 東京都新宿区
新宿2-5-1 アルテビル新宿3F

事務所紹介はこちら

弊所へのアクセスはこちら