生産技術・産業機械装置・ビジネスモデル特許専門の知財プロ集団「東京綜合知的財産事務所」が、アイデアと技術で勝負する会社を強力に支援致します!

知財で事業を強くする 東京綜合知的財産事務所

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-1 アルテビル新宿3F
アクセス:JR「新宿駅」から徒歩8分、地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前駅」から徒歩3分

原則、年中無休で頑張っています!
電話受付時間:月〜金 9:00~18:00
定休日:不定休

まずはお気軽にご相談ください

03-3354-2041

FAX:03-3354-2042

商標登録出願するときのポイント

商標登録出願するときのポイントとは?

正式な商標登録出願するためには、原則として、願書が必要です。

願書1枚だけなので、一見すると楽勝だと思いませんか?

願書

願書には、出願人の住所や名称の他に、「商標登録を受けようとする商標」と「指定商品又は指定役務、及び商品又は役務の区分」を記載しなければなりません。

現在の実務は、一つの商標と、複数の指定商品又は指定役務を記載することができます。

商標は、ひとつ商品や役務は、複数です(1商標・多区分制)。

商標

商標は、文字、図形、記号、これらの組合せ、これらと色彩との結合、立体的形状などです。

会社名、商店名、商品名などのネーミング、会社のロゴなど、マークと呼ばれるものは、含まれます。

また、商標は、標準文字で登録を受けることもできます。

標準文字とは、文字自体に特殊なデザインを施さず、普通にあらわしたものです。

一例をあげると、「わいわいでんちゃん物語(仮称)」と明朝体で記載すれば、その文字が商標として登録されます。

注意!

標準文字は、その言葉の意味自体に商標権が認められるものではありません。

例えば、同じ称呼の文字を並べても、特殊なデザイン態様で表現されているマークは、別途、商標登録の対象になります。

この場合、標準文字の商標権の効力は、同じ称呼が生じる特殊なデザイン態様の文字には、及びません

しかし、現在の実務では、標準文字で登録されると、称呼(呼び方)が同じデザイン商標は拒絶されることが多いのです。

この場合、知財の鉄人である私は、同じ称呼として拒絶された場合、デザインなどの外観が相違する旨や、観念(意味内容)が相違する旨を反論して、なんとか登録を目指します。過去の似ている判例や審査結果・審決例を持ち出し、その論理をあてはめながら主張するのが効果的です。

これは知財の鉄人である私だからできることですし、また常に勝訴することは困難です。

通常であれば、外観が非類似でも、称呼が同じであれば、拒絶査定をもらいますよ。

それだけ、商標の称呼とは、重要な判断要素になっています。

指定商品等

指定商品や指定役務(いわゆるサービス名)は、複数記載することが可能ですが、近い将来、商標を使用する意思のあるものに限られます。

この使用意思は、登録の要件とされていますが、出願時や登録時に判断されません(というか判断できません)。

しかし、このような使用意思もなく、使用しない商品についての商標登録は、後の不使用取消審判で取消の対象というペナルティが課されます。

知財の鉄人・西村からのお願い

使用する意思のない商品や役務についても、登録を受ける欲深い方がいます。

使用意思のない商品や役務については、登録を受けるべきではありません

このような商標権は、使用により蓄積された信用を保護する商標法の目的に反しますし、何よりも他人の商標選択の余地を狭める結果になるからです。


例えば、他人が使用する予定の商品について商標をとりたい場合、重複する商品を含んだあなたの商標がすでに登録されていると、

その人は、商標登録を受けることができなくなってしまいます。

このような場合には、他人と交渉してその商品に係る商標権を譲渡してもらう必要があります。


しかし、これでは手続き的に煩雑になり、商標権取得が円滑に進まない結果になり、迷惑の種になりますよね。

あくまでも、自分が使用する意思のある商品や役務についてのみ、商標権を取得するように心がけてくださいね

知財の鉄人・西村の一口メモ

商標出願する前に、自己の商標と同一または類似する商標が他人から出願されているか否かを確認するための先行商標サーチしてくださいね。

特許庁の電子図書館で簡単にできます。

ただし、特許庁の電子図書館のデータベースは、約2カ月くらいタイムラグがあり、最新の出願内容まではカバーされていません。

しかし、先行商標サーチをするかしないかにより、登録の可能性が大きく異なってきますので、必ずサーチしてください。

先行商標サーチの仕方が良く分からない人は、電子図書館のヘルプデスクに電話して教えてもらってくださいね(やさしく教えてくださいます)。

商標出願は、一度、ご自身でチャレンジしてみるのも良いかもしれません。

コツさえつかめば、出願自体はそんなに難しくはありませんよ(拒絶の対応は難しいですが)。

商標について、知財の鉄人・西村に聞きたいことがございましたら、いつでもご連絡くださいませ。

お問合せはこちら

弁理士相談に関するお問合せは、
以下のフォームやメールアドレスから受け付けていますので、ご利用ください。

お気軽にご相談ください

  • 弁理士相談について
  • 業務依頼について
  • 講演依頼について
  • 出張依頼について

など、様々なお問合せについては、
24時間以内にご返答致します!

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:月〜金 9:00~18:00 (定休日:不定休)

FAX:03-3354-2042
(年中無休・24時間受け付けています)

お問合せはこちら

03-3354-2041

電話受付時間:
月〜金 9:00~18:00
(定休日:不定休)

お問合せフォームはこちら

知財の鉄人からの一言

弁理士の西村知浩です。日々、中小企業・個人発明家様の知財戦略を支援しております!知財戦略は、単に権利を取得することが目的ではありません。

知財によって事業をうまくコントロールする。
そのためにはどのような内容の権利を、どのような形で取得していけばよいのか、
弊所では、知財の使い方を徹底して考え抜き、事業の強力な武器となり得る知財を追求しています!

代表者プロフィール

事務所紹介

クリックで地図が拡大します

最適なビジネスモデルを追求する
東京綜合知的財産事務所

03-3354-2041

03-3354-2042

〒160-0022 東京都新宿区
新宿2-5-1 アルテビル新宿3F

事務所紹介はこちら

弊所へのアクセスはこちら