生産技術・産業機械装置・ビジネスモデル特許専門の知財プロ集団「東京綜合知的財産事務所」が、アイデアと技術で勝負する会社を強力に支援致します!

知財で事業を強くする 東京綜合知的財産事務所

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-1 アルテビル新宿3F
アクセス:JR「新宿駅」から徒歩8分、地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前駅」から徒歩3分

原則、年中無休で頑張っています!
電話受付時間:月〜金 9:00~18:00
定休日:不定休

まずはお気軽にご相談ください

03-3354-2041

FAX:03-3354-2042

意匠登録出願

意匠権を取得する最適なケース

意匠登録出願とは、物品の美的外観に対して、意匠権を取得するための手続きです。
特許や実用新案の対象がアイデア(技術的思想)であるのに対して、意匠は、物品の美的外観を対象にしています。

物品には必ず外観がありますが、

  • その外観が斬新なものである場合
  • 機能美がある場合

などは、意匠権を取得する最適なケースです。

ここで、物品の外観に特徴があれば、例えば、物品の形状や構造として、特許や実用新案でも保護されますが、
特許の場合には、高い進歩性が要求され、特許査定の保障はありませんし、
実用新案の場合には、無審査で登録される故に、あとあと厄介な問題もあります。

このような理由で、物品の美的外観のみを特徴とする場合には、
権利対象からも、手続きの点からも、意匠登録出願が最適になります。

意匠権の侵害か否かは、見た目で判断できる

また、意匠は、物品の美的外観であるため、
見た目で侵害か否かが判断できます。

この点、特許や実用新案では、特許請求(実用新案登録請求)の範囲の記載に基づいて、技術的範囲に属するか否かを判断しなければなりません。
この判断は、判断基準や判例の知識がないと不可能です。

このように、意匠権の侵害か否かは、見た目で判断できるため、
相手の侵害行為を容易に特定でき、勝訴の可能性を高めます。

外国で権利を取得する場合

また、外国で権利を取得する場合でも、
権利侵害の際には、言葉の壁がなく、見た目で判断できます。外国人が見たからといって、見た目が変わるわけではありませんので。
 

このため、外国においても、意匠権侵害の有無を容易に判断することができます。

商品に、ある斬新な美的外観が生じた場合

特許でいくのか、
実用新案でいくのか、
あるいは、
意匠でいくのか、
さらには、特許(実用新案)と意匠の両方でいくのかは、
知財戦略上、高度な判断が必要です。

特に、得意とする商品が斬新なものである場合には、
弁理士などの有識者に相談されることを強くおススメします。

弊所では、弁理士相談で対応していますので、必要があれば、是非、ご連絡ください。

お問合せはこちら

弁理士相談に関するお問合せは、
以下のフォームやメールアドレスから受け付けていますので、ご利用ください。

お気軽にご相談ください

  • 弁理士相談について
  • 業務依頼について
  • 講演依頼について
  • 出張依頼について

など、様々なお問合せについては、
24時間以内にご返答致します!

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:月〜金 9:00~18:00 (定休日:不定休)

FAX:03-3354-2042
(年中無休・24時間受け付けています)

お問合せはこちら

03-3354-2041

電話受付時間:
月〜金 9:00~18:00
(定休日:不定休)

お問合せフォームはこちら

知財の鉄人からの一言

弁理士の西村知浩です。日々、中小企業・個人発明家様の知財戦略を支援しております!知財戦略は、単に権利を取得することが目的ではありません。

知財によって事業をうまくコントロールする。
そのためにはどのような内容の権利を、どのような形で取得していけばよいのか、
弊所では、知財の使い方を徹底して考え抜き、事業の強力な武器となり得る知財を追求しています!

代表者プロフィール

事務所紹介

クリックで地図が拡大します

最適なビジネスモデルを追求する
東京綜合知的財産事務所

03-3354-2041

03-3354-2042

〒160-0022 東京都新宿区
新宿2-5-1 アルテビル新宿3F

事務所紹介はこちら

弊所へのアクセスはこちら