生産技術・産業機械装置・ビジネスモデル特許専門の知財プロ集団「東京綜合知的財産事務所」が、アイデアと技術で勝負する会社を強力に支援致します!

知財で事業を強くする 東京綜合知的財産事務所

住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿2-5-1 アルテビル新宿3F
アクセス:JR「新宿駅」から徒歩8分、地下鉄丸ノ内線「新宿御苑前駅」から徒歩3分

原則、年中無休で頑張っています!
電話受付時間:月〜金 9:00~18:00
定休日:不定休

まずはお気軽にご相談ください

03-3354-2041

FAX:03-3354-2042

特許出願するときのポイント

特許出願するときのポイントとは?

正式な特許出願をするためには、

願書+特許請求の範囲+明細書+必要な図面要約書

が必要になります。

これらの様式は、特許庁のホームページからダウンロードすることができます。

以下、それぞれの書類についてコメントしていきますね。

願書

願書には、主として、発明者の住所と氏名、出願人の住所と氏名又は名称などを記載します。

ここで、注意すべき点として、明者は、自然人(ヒト)のみが該当します

このため、自分が所属等する法人名発明者に記載することはできません。


出願人は、将来の特許権者になる法人又は自然人を記載します。

発明者と出願人は異なっていても構いませんが、出願人が将来、特許権者になる点に注意してください。

願書は、必須の書類になりますよ。

特許請求の範囲

特許請求の範囲には、将来の特許権の客体となる技術的思想を記載します。

すなわち、特許権は、特許請求の範囲の記載に基づいて決定するため、記載には注意が必要です。


例えば、請求項に「A+B+C」と記載すると、『A+B+C』が特許権の範囲となります。

このため、「A+B」、「A+B+D」などの技術を実施している第三者には、特許権の効力が及びません。


このように、特許請求の範囲の各請求項には、発明が成立する必要最小限の構成を記載することが広い範囲の特許権を取得することにつながります。

知財の鉄人・西村の一口メモ

特許請求の範囲は、あなた事業戦略や取引関係を考慮して、広くかつ強い権利になりえるように、記載する必要があります。

この部分だけは、弁理士に一任させることを強くおススメします。

特許請求の範囲も、必須の書類になりますよ。

明細書

明細書には、具体的な実施形態を記載します。

特許請求の範囲は、技術的思想のみでOKですが、明細書には、具体的な実施技術を丁寧かつ詳細に記載する必要があります。

特に、補正の根拠にすることができるため、詳しく記載することが何よりも重要です。


また、特許権の発生後は、特許権の範囲を確定するための補助的な判断材料となります。

さらに、発明者がどこまで想定していたのかを判断するための根拠になりますので、実施例や変形例を充実させて記載する必要があります。

知財の鉄人・西村の一口メモ

実施形態には、発明者が最適と考えるベストモードを必ず記載します。

これは米国特許制度からの要請です。

その上で、他社が想定するような技術や、単なる設計変更となる技術についても言及しておくことがベターです。


もうひとつ重要なことがあります。

それは、製品を分解しても判明不可能なノウハウは絶対に記載しないでください。

例えば、部品の加工方法材料の成分・成分配合などが該当します。

ノウハウは、特許の対象になじみません。

ノウハウはあなたの会社の生命線のはずですから、特許出願するとそれが公開されてばれてしまいますよ。

明細書も、必須の書類になりますよ。

必要な図面

図面は、発明の理解を助けるために添付することができるものです。

任意(オプション)の書類ですが、機械系・建築構造系・電気系の発明は、絶対に添付しましょう。


これらの技術は、図面をみて、発明の内容(発明のポイント)が明らかになる場合が多く、審査官や第三者の理解の助けになるとともに、出願人にとっては図面に基づいて補正することも可能だからです。

審査官の理解の助けになることで、記載不備という拒絶理由を回避することができますし、また、第三者の理解の助けになることで、侵害の未然回避などの間接的な効果もあります。

さらに、図面を根拠に補正することで、先行技術との相違が明確になり、特許になり易くなる効果もあります。

知財の鉄人・西村の一口メモ

特許図面は、設計図面でなくてもOKですよ。

中心線などの不要な線を排除して、わかりやすい図面を記載してください。

なお、図面中には、日本語などの文字は、できる限り記載しないでください(フローチャートなどは除く)。

外国出願するときに翻訳する必要が生じ、手間と費用が余計にかかりますよ。

要約書

要約書には、読んで字の如く、発明の内容を記載します。

要約書の記載内容は、特許権の範囲の画定に一切影響を与えませんが、公開公報のフロントページに載せられるため、発明のポイントを的確な表現でコンパクトにまとめなければなりません(文字数の制限があります)。

このため、ある意味、最も文章力が必要になるんです。

要約書は、必須の書類ですよ。

以上、簡単にポイントだけを説明しましたが、

現実に特許申請書を作成するとなると、骨が折れるものです。

とても自分だけは対応できないので、知財の鉄人・西村に助っ人になって欲しいと思うあなたは、賢明ですね。

そのときは、お気軽にご連絡くださいね。

お問合せはこちら

弁理士相談に関するお問合せは、
以下のフォームやメールアドレスから受け付けていますので、ご利用ください。

お気軽にご相談ください

  • 弁理士相談について
  • 業務依頼について
  • 講演依頼について
  • 出張依頼について

など、様々なお問合せについては、
24時間以内にご返答致します!

お電話でのお問合せはこちら

電話受付時間:月〜金 9:00~18:00 (定休日:不定休)

FAX:03-3354-2042
(年中無休・24時間受け付けています)

お問合せはこちら

03-3354-2041

電話受付時間:
月〜金 9:00~18:00
(定休日:不定休)

お問合せフォームはこちら

知財の鉄人からの一言

弁理士の西村知浩です。日々、中小企業・個人発明家様の知財戦略を支援しております!知財戦略は、単に権利を取得することが目的ではありません。

知財によって事業をうまくコントロールする。
そのためにはどのような内容の権利を、どのような形で取得していけばよいのか、
弊所では、知財の使い方を徹底して考え抜き、事業の強力な武器となり得る知財を追求しています!

代表者プロフィール

事務所紹介

クリックで地図が拡大します

最適なビジネスモデルを追求する
東京綜合知的財産事務所

03-3354-2041

03-3354-2042

〒160-0022 東京都新宿区
新宿2-5-1 アルテビル新宿3F

事務所紹介はこちら

弊所へのアクセスはこちら